スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【新・民主党解剖】第4部 失望と動揺(1)「裸の王様」次に座るのは…(産経新聞)

 ■顔色変えた首相

 春とは思えぬ冷たい小雨が降りしきった4月17日土曜日。民主党選対委員長の石井一は独り、公邸に首相の鳩山由紀夫を訪ねた。

 「(勝敗を決する)1人区が、かなり厳しいことになっとる」

 夏の参院選情勢を伝え、選挙戦にも悪影響を及ぼしつつある米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題の早期解決を促すためだった。具体的な当落予想の数字を聞いた鳩山は顔色を変えた。

 「えっ。そんなことになっているんですか。もっと早く進めなければ…」

 4日後の21日に開かれた党首討論終了後。自民党総裁、谷垣禎一(さだかず)との討論で「私は愚かな首相」と認めた鳩山に、石井が会場でこう叱(しか)りつける姿があった。

 「何を言うとんねん!」

 民主党のベテラン職員は「首相は、幸夫人がインドの占い師から『普天間問題は米国が譲歩して解決する』と言われたので楽観していた」との党内で広まったうわさ話を紹介する。そして、こう付け加えた。

 「こんなうわさが流れること自体、おしまいだ」

 鳩山は、普天間問題の5月末までの決着に「職を賭す」と言明している。だが、閣僚の一人は鳩山内閣のお寒い現状を明かす。

 「閣僚懇談会などでも普天間の話題は全然出ない。みんな避けている」

 誰も鳩山に厳しい現実を告げない。王様は、自分が裸だと気付かないままだ。

 ■小沢支配への嫌悪

 副総理・財務相の菅直人、国家戦略担当相の仙谷由人、総務相の原口一博、外相の岡田克也…。

 党内ではポスト鳩山候補の名前がささやかれているが、誰が次の政権を担うにせよ、幹事長の小沢一郎の支持取り付けが大前提だ。

 とはいえ、それはあくまで党内事情でしかない。小沢が党内支配を固めるのに反比例して、その手法に嫌気が差した無党派層が去り、内閣や党の支持率は低落に向かっている。

 18日に小沢が地元、岩手県奥州市の体育館で営んだ両親の大法要。参列者の案内状には通し番号が振られ、出欠は「踏み絵」のようにチェックされた。だが、側近らが「3500人は集まる」と豪語していた参列者は、主催者側の発表で約2500人にとどまった。

 平成7年に同じ体育館で催された小沢の母、みちさんの葬儀には約6千人の弔問客が訪れていた。

 ■関係良好な2人

 鳩山と小沢。ともに「政治とカネ」の問題を抱え、一蓮托生(いちれんたくしょう)の間柄だとみられがちだが、党長老議員はそんな見方を否定する。

 「小沢はそんな生やさしいタマじゃない。鳩山だけクビのすげ替えをしようとしているんじゃないか」

 ポスト鳩山とされる人物のうち、小沢と関係が良好なのは菅と原口の2人だ。

 「鳩山さんが退陣したら、やっぱり菅さんが(首相に)昇格でしょうかね」

 今月上旬。ある省の政務三役会議で政務官が何げなく尋ねると、閣僚は無言でうなずいたという。

 「彼は首相候補なんだ。よろしく頼みますよ」

 3月17日、都内で開催された原口のパーティー。小沢側近の一人である党国対筆頭副委員長の松木謙公は、笑みをたたえながら来場者らと握手を交わしていた。また、原口は若手議員を集めた勉強会を開き、支持グループづくりを進めている。

                   ◇

 □いつまでもつか「小沢神話」

 ■「敵は内側に」

 「外の敵は怖くない。党内で議論するのはいいが、ゴタゴタしては決められるものも決められない」

 今月19日夜、青森市で開かれた民主党青森県連幹部らとの懇親会。幹事長の小沢一郎は党内の混乱に不快感を隠さなかった。

 その真意について小沢系議員は、「(メディアで小沢批判を繰り返す)副幹事長の生方(うぶかた)幸夫への批判だ。敵は自民党ではなく内側にありだ」と解説する。

 生方は翌20日、都内のホテルで朝食会を開いた。3月下旬の副幹事長職の「解任撤回騒動」以降は小沢批判の発信を控えてきたが、この日解禁した。

 「われわれが選んだのは首相だけだ。首相が幹事長を選んだにすぎない。放っておけば内閣支持率は20%を切ってしまう」

 3月31日には、連合静岡会長の吉岡秀規が小沢に幹事長辞任を促した。今月12日には、岐阜県連が党体制刷新を求める申し入れ書を党本部に提出した。

 抑圧された「反小沢」のマグマはたぎり始めている。

 ■多勢に無勢

 ただ、423人に上る党所属の衆参両院議員のうち、約3分の1を小沢系議員が占めるといわれる現実は無視できない。「数の論理」の前には、何を言っても多勢に無勢だ。

 首相の鳩山由紀夫の代表任期は9月で満了だ。そのとき鳩山が続投しているかどうかにかかわらず、代表選は実施される見込み。その事実が「数」を握る小沢の力を際立たせている。

 中堅議員は「生方騒動」はすっかり過去の話だと話す。今月初めに2度、都内の料亭などで生方を励ます会が開かれたが、顔を見せたのは1度目は生方を除き4人。2度目も8人だけと寂しいものだった。

 小沢に距離を置く財務副大臣の野田佳彦ら「民主党七奉行」の間ですら、小沢に対する主戦論は影を潜めている。

 「参院選で負けて小沢に責任を取ってもらうのも一つの方法だ。いずれにしても小沢(の政治生命)はこの先2、3年だろう」

 七奉行の一人はこう言うが、参院選前には手が出せないという意味でもある。

 ■カギはやはり選挙

 この閉塞(へいそく)状況に変化をもたらしつつあるのが、皮肉にも小沢が最も重視する選挙の結果だ。選挙に強いという「小沢神話」がほころび始めているのだ。

 推薦候補が10万票近い大差で敗れた2月の長崎県知事選をはじめ、民主党は地方選で苦戦している。

 最近の首長選をみると、鳥取市長選、千葉県木更津市長選では敗退した。岡山県浅口市長選では、副総理・財務相の菅直人の義兄が元自民党県議に敗北。小沢の地元・岩手の久慈市長選では、民主推薦の新人候補が現職に敗れ、小沢銘柄に陰りが見えた。

 今月12日、党本部。世論調査によっては政党支持率で自民党が民主党を上回る中で、小沢は記者会見で自信たっぷりに強調した。

 「心配しておりません。新聞やテレビの世論調査は当たったことがない」

 だが、実際はここ数年のメディアの選挙前の世論調査は、かなり正確に選挙結果と合致している。

 民主党の非改選議席は62で、目標の単独過半数には60議席以上が必要だ。だが、選対幹部の予想は「53程度」。さらに悪化する可能性も高い。

 「私がもう10歳若ければ、自民党も立て直してちゃんとした二大政党を作るが、70歳まであと3年しかないからなあ…」

 小沢は最近、周囲にたびたびこう漏らしている。強気な姿勢の裏側に、自らの年齢と健康状態への焦りもうかがえる。

                   ◇

 鳩山政権の凋落(ちょうらく)が止まらない。高い支持率で船出した内閣は、7カ月余りがたった今、国民の失望を買い、呆然(ぼうぜん)と立ち尽くしている。参院選敗北を予期した動揺が広まり、水面下で「ポスト鳩山」への準備と策動も始まった民主党の実像を描く。(敬称略)

<こち亀>23歳男が自首 両さんの銅像破壊(毎日新聞)
血友病患者、30年ぶり全国集会=薬害エイズ乗り越え-東京(時事通信)
「こち亀」両さん像壊される 器物損壊容疑で捜査 警視庁(産経新聞)
就任2カ月で副市長辞任、市政混乱で引責 大阪・守口(産経新聞)
橋下“維新の会”自殺行為か新たな自治か…重い一石(産経新聞)
スポンサーサイト

首相動静(4月22日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。(了)

「会社に不満」殺害認める 一家3人遺棄容疑 社員ら4人逮捕(産経新聞)
1Q84 「BOOK3」16日に発売 フィーバー再燃か(毎日新聞)
【大人の社会見学】造幣局 ハイテク機械と秘蔵貨幣にため息(産経新聞)
<舛添前厚労相>新党に触れず 東国原知事と会談(毎日新聞)
佐渡で産卵のトキ 抱卵を中断(産経新聞)

変わらぬ“大阪の味” 「道頓堀今井」のきつねうどん (産経新聞)

 大阪のうどんの代表といえば「きつねうどん」。きわめてシンプルな食べ物だが、日本中に普及し愛されている。

 考案したのは、大阪・南船場の「松葉家」の初代だと伝えられている。明治後期のこと。素うどんと一緒にいなり寿司(ずし)に使う油揚げを客に出したら、それをうどんにのせて食べたことからヒントを得たという。

 「大阪人は何でも混ぜるのが好きなんですわ。お好み焼きとかミックスジュースとか」と笑いながら話すのは、「道頓堀今井」の今井徹社長(50)。大阪にうどん店は多いが、同店は大阪うどんの名店として必ず名前が挙がる老舗の一つだ。

 「今井」のうどんで語らずにいられないのは、つゆ。色の薄さに、特に関東の人たちは「味がないのでは」と思ってしまうそうだが、とんでもない。しっかりとした旨味(うまみ)がある。北海道南部の黒口浜でとれる天然の真昆布(まこんぶ)をたっぷり使ってダシをとっているからだ。

 本店の里出善信店長(41)は「ここに勤める前は日本料理の店にいたんですが、この店の昆布の量には本当にびっくりしました」と話す。ふんだんに昆布を使う日本料理の職人が驚くほどだから、この店の昆布使用量がいかに多いかわかろうというものだ。

 そして、きつねうどんに欠かせない油揚げ。手揚げの薄目をさば節と薄口醤油(しようゆ)、砂糖、塩で炊きあげる。油抜きに1時間、炊くのに2時間。甘辛く炊きあげた油揚げは、一口食べると、つゆと合わさりあっさり上品な甘みとなる。

 約4時間かけて作られた、もちもちとした、なめらかなうどんは、つゆとうまく絡み、ほっとする味。

 「1日に2回来られて、昼も夜もきつねうどんを召し上がるお客さまもいらっしゃいます」と里出店長。

 「今井」の歴史は古い。200年前の江戸時代から、「稲竹」という名で芝居茶屋を営んできたが、大正期に楽器店に転業。第二次大戦時に店は全焼し、昭和21年にまた転業した。これが現在に続く「道頓堀今井」で、今井社長はうどん店としての三代目にあたる。

 同店の歴史を物語る「今井帖」という古いノートを見せてもらった。多くの著名人のサインがずらりと書かれてある。喜劇王、藤山寛美さんもこの店のファンだったそうだ。「今でも、松竹座で公演中の役者さんたちは、よく利用してくださいます」と里出店長。創業以来変わらない「大阪の味」が、多くのファンを引きつけてやまない。

 近年、漁師の数が減って天然真昆布の入手が難しくなった。手揚げの油揚げを作る職人も少なくなり、その味を守り続けるのが困難な状況になってきているという。だが、今井社長は力強く言う。

 「おいしいもんを作るには、生産者の方の努力、われわれ料理人の努力、いろんな要素が必要です。大阪の『喰(く)い味(あじ)』(素材の持ち味を生かした、誰もがおいしいと思える味)を守るために、今、町ぐるみで取り組んでいるところです」

 さらにこう付け加えた。

 「大阪は昔から伝統と最新を融合させるのが得意で、流行の最先端をいく町でした。これからも、新しい『ほんまもん』を発信していきたいですね」(文 杉山みどり)

                   ◇

 ≪メモ≫「道頓堀今井」本店

 大阪市中央区道頓堀1の7の22▽TEL06・6211・0319▽営業時間 11時~22時(ラストオーダー21時半)▽水曜定休▽きつねうどん735円、鍋焼きうどん1575円、うどん寄せ鍋コース(一人前)4200円から、どんぶり類も有名で、特に親子丼1260円は人気▽温かい麺、冷たい麺、どんぶり、おでんなど、それぞれダシを分けて作るこだわりの味▽リーガロイヤルホテル店、ホテルニューオータニ店▽心斎橋大丸、梅田大丸などの百貨店でテークアウト品の取り扱いあり。

【関連記事】
「津山ホルモンうどん」の経済効果8億円 岡山
誕生、上州の究極B級グルメ「うTON飯」
簡単「うどんギョーザ」 土室小の児童ら挑戦
兵庫「多々良木みのり館」 岩津ねぎ 主役カモを「食う」存在感
「カレーうどん100年」プロジェクト発足

蛇笏賞に真鍋呉夫氏(時事通信)
火山灰拡散26カ国影響 東欧やロシアにも(産経新聞)
地元・米の合意得る…首相「決着」へ決意表明(読売新聞)
山崎直子さん 聖子さんの歌でお目覚め 夫が選曲(毎日新聞)
被害届なしでも立件検討指示=踏み込んだ対応求める-DV相談で通達・警察庁(時事通信)

民主・輿石氏、「公約には優先順位つけたい」(産経新聞)

 民主党の輿石東参院議員会長は8日の記者会見で、夏の参院選マニフェスト(選挙公約)に関して「財政規律とマニフェストの政策実現のバランスを当然考えていく。公約の優先順位も考えていく必要がある。4年間での約束だから順番があってもいい」と述べた。昨年夏の衆院選マニフェスト(政権公約)に明記した政策について、財政状況に応じ実施時期を見直す考えを示したものだ。

【関連記事】
民主党輿石氏、会延長論に不快感
民主と自民 「中央突破」それぞれの結果
参院選2人擁立 鳩山首相「小沢幹事長の方針」
鳩山首相「中井国家公安委員長の行動は配慮がなかった」
民主参院幹部が首相を激励「参院選の勝敗にかかわらず政権続く」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

雑記帳 忍者衣装で辞令…「忍者の里」の伊賀市長(毎日新聞)
首相「勝場君は、私がいなければ罪犯さなかった」(読売新聞)
戸別補償、コメ以外にも拡充=11年度本格実施変わらず-鳩山首相(時事通信)
第一三共、大型新薬候補エドキサバンを国内申請(医療介護CBニュース)
<春の新聞週間>福山雅治さん、小泉今日子さんに聞く(毎日新聞)

花見シーズン「桜に取りつかれる日本人」 外電報じる (産経新聞)

 東京ではこの2、3日、温度が上昇し、上野公園や代々木公園などの桜の名所では、花見客が陣取って、早くも酒盛りが始まっているが、AP通信やロイター通信は花見客でごった返す様子を写真付きで配信している。

 ロイター通信は「春がきて、日本人の桜好きに拍車がかかっている」と報じて、毎年、春になると、肌寒いうちからブルーシートを敷き陣取りをして、たくさんの人々がコートを着て、酒盛りをするというおなじみの風景がいたるところでみられると伝え、「桜に取りつかれた日本人」と面白おかしく皮肉っている。

 また、中国の英字紙「チャイナデーリー」(電子版)も花見の記事を掲載し、「桜は短かい期間に咲いて、すぐに散る。これはドラマチックで、日本人の気質に合っている。私もこの期間、酒を飲んで桜を愛でるのが好きだ」との65歳の男性の話を引用して、“日本人気質”を紹介している。

【関連記事】
思わぬ春の寒波、恵みの雪にスキー場再開検討 桜の名所は困惑
京都で季節外れの雪 桜との共演を堪能
“花見商戦”異状あり 「室内型」「アレンジ型」増加?
花見シーズン到来…でも、桜の下でドンチャン騒ぎはもう古い!? 
“カクテルの街”宇都宮 春にはこんなカクテルはいかが
あれから、15年 地下鉄サリン事件

患者の骨折り看護師再逮捕=88歳女性への傷害容疑-兵庫県警(時事通信)
閉鎖的な組織風土 虐待問題で厚労省が報告書(産経新聞)
車炎上、子供4人死亡 北海道・厚沢部町(産経新聞)
医師国試、合格率は89.2%(医療介護CBニュース)
死刑執行、国民感情に悪影響=中国に懸念伝達へ-官房長官(時事通信)

<拉致問題>対策本部の事務局長代理に三谷秀史氏(毎日新聞)

 政府は31日、拉致問題対策本部の事務局長代理に、4月2日付で内閣情報官を退任する三谷秀史氏を充てる人事を内定した。鳩山由紀夫首相は31日、首相官邸で記者団に対し「拉致問題で一番大事なことは情報収集だ。そういった能力にたけた三谷君を起用することにした」と説明した。三谷氏は警察庁出身で、小泉純一郎政権下の06年4月から4年間、内閣情報官を務めた。

首相「閣内不一致と言われないようにする」(産経新聞)
首相動静(3月22日)(時事通信)
埼京線、大宮-池袋間再開=JR東(時事通信)
中医協公益委員の牛丸氏を再任(医療介護CBニュース)
陳情の野中広務・土改連会長、小沢氏また門前払い(読売新聞)
プロフィール

こんどうゆういちさん

Author:こんどうゆういちさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。